ドローン

ドローン

趣味としてドローンを初めてみませんか

ドローンといえば遠隔で操作をすることができるプロペラ型の小型飛行機です。
ここ数年、ドローンが米国の大統領官邸に侵入をしたり、日本国内でも重要文化財に衝突をして破壊をしたりといったニュースがよく聞かれています。

ドローンが世間に出回り始めた頃にはそうしたよくないニュースばかりがピックアップされていましが、すっかり世間的に知られるようになったことにより、社会利用の可能性も同時に伝えられるようになってきました。

今もなおドローンに関する技術は進化をしているところで、企業だけでなく個人も従来までとは全く違ったドローンの使用法を実験しています。

ドローンという名前は知っているけど具体的にどこで手に入れてどんなふうに使えばよいかわからないという人もいるのではないかと思います。
自分も欲しい気持ちはあるものの、どうすればよいのか…そこでドローンについて調べてみました。

まずドローンの買い方ですが、これは大型玩具店やインターネットショップで簡単に探すことができます。
ジャンル的には「ホビー用品」ということになっており、特に年齢・資格に制限なく誰でも購入が可能です。

ただしドローンといってもたくさんの種類があり、小さなものでは手のひらに乗るくらいのサイズですが、大きくなるとかなり重量のあるものも持ち上げるパワーがあります。

はじめて購入するドローン選び

「ドローン」という名称は特定の企業が特許をとっている商品名ではなくプロペラによる飛行性能を持ったもの全般を指すものなので、製造販売するメーカー企業もかなりたくさん見られます。

趣味として最初に購入するならやはり最新式のものを購入するのがおすすめです。
ドローンのモデルは年式によって微妙に形が違うので、より高性能のものを使用したいならその年に発売されたものから選ぶのがよいでしょう。

おすすめメーカーとしてはDJI社があります。
DJI社のドローンは独特のスタイリッシュな形状をしているところが特徴で、「DJI Phantom」という製品は世界的なヒット作となりました。

そのDJI社の次世代機として大きな注目を受けているのが「DJI Inspire」で、2017年に発売されたドローンで最も注目された製品と言ってもよいでしょう。

「DJI Inspire」では、本体の下にカメラを取りつけられるようになっています。
このとき飛行体制に入るとプロペラの付いた四本の足が上側に持ち上がるので、カメラの視界に邪魔なドローンの足が映り込むことがありません。

操作性も大幅に改良されており、リアルモニタリングや2人同時に操作をする「デュアルオペレーターコントロール」という独自の技術を備えています。

最新型「DJI Inspire2」は販売価格は388,800円からで、プレミアムバージョンは799,000円です。