沖縄

一人旅をする際目的別に楽しむコツ

たまには男一人旅を楽しむ

「おひとりさま」という言葉がブームになってきていますが、それはどちらかというと女性の一人旅をしやすくするという意味で使用されることが多いようです。

しかし、もともと「一人旅」というのは男性が主に行ってきたもので、独身男性の趣味の一つとして休日にふらりと単身出かける旅行はかなりメジャーなことであったはずです。女性の一人旅が増えてきた現在だからこそ、ぜひ男性もより広く一人旅に出かけていってもらいたいところです。

ただあまり表立って数字に出てこないだけで、男性で一人旅をしている人は年々増加する傾向にあります。特に20~30代の独身男性で一人旅をしている人はかなり多く、旅行代理店においても【おひとり様ツアー特集】などを組んで、大々的に宣伝を行ってるケースもしばしばです。

旅行をする目的は人それぞれと思いますが、せっかくなら何か目的を持って出かけるようにするのがおすすめです。漠然と「有名観光地を回りたい」という旅もいいのですが、そうした旅はどちらかというと複数の人と一緒に出かける旅に向いているのではないかと思います。

ちょっと極端かもしれませんが、いわゆる「有名観光地をめぐる旅」というのは同行する人と思い出を共有するために行うものです。それに対して一人旅というのは「自分が好きなものを見る旅」という目的で行うのが正しく、そこに話題性というのはあまり関係ありません。ぜひ観光地にこだわらず自分が好きなものをとことん追求するために目的地を選んでもらいたいです。

趣味を活かした旅の計画とは

自分らしい旅を計画するときに最も大切になるのが、趣味を旅に上手く結びつけていくということです。

人によっては美味しい食べ物が好きということもあるでしょうし、温泉に一人じっくり浸かるのが好きということもあるでしょう。そうしたわかりやすい目的があるのであれば、とれる日程から行ける範囲を決めていくということがおすすめになります。

趣味を旅に活かしていくなら、「歴史が好き」「美術品が好き」といった趣味から行き先を選んでいくという方法があります。同じ遺跡をめぐるにしても、自分の好きな歴史に関する場所を巡ることでより楽しみが広がります。美術館も全国にありますが、地方には特定の作家をピックアップした貴重な作品を展示しているところがあります。何か一つでもテーマがあるとそこからぐんと計画が立てやすくなりますので、まずそれぞれの地域の観光場所から興味のあるところをピックアップしてみましょう。

それと一人旅で最も大切なのが、スケジュールにこだわりすぎないということです。一人旅の醍醐味は時間に制約されない自由な行動にあります。もし旅先で他に行きたいところができたなら、思い切ってそこからプランを変更するなど自由なスタイルで旅を楽しむようにしていきたいところです。

荷物とお金の管理はスマートに

お土産の購入や宿泊施設の利用など、一人旅はお金を払う機会がたくさんあるため、クレジットカードを1枚財布に忍ばせておくと、何かと重宝します。とくに今は、ショッピングやホテルの利用でポイントが溜まる、【旅行者向けのクレジットカード】も少なくないので、一人旅が趣味の人には、こういったカードがおすすめです。

最後に、一人旅における荷物や装備は、できる限り身軽にするように努めましょう。大掛かりな荷物を持つのは疲労がたまる原因にもなりますし、行動範囲も狭くなりがちです。また、電車やバスのような公共の乗り物においても大きな荷物でスペースを占領してしまえば、マナー的な観点からも良くありません。

雪山登山のような本格的なアウトドアを行う場合を除けば、肩掛け鞄に収まる程度の荷物が理想的です。