登山

登山

健康にもよい登山の趣味

登山を趣味にする中高年が増えているということをよく聞きますが、日本には数多くの名勝があり、すぐれた景観をした山々が存在しています。
休日の趣味として行うのに登山は非常に適しており、心身をともにリフレッシュさせ健康面によい影響を与えてくれます。
自分も取り入れたく、登山についていろいろと調べてみました。

関西方面には日帰りで出かけることができる登山道があり、初心者でも安心して参加できます。
春先のハイキングで人気が高いのが、奈良県の「吉野山」や「住塚山」があります。

「吉野山」といえば「一目千本」と言われる山全体を覆い尽くす雄大な桜の木々の景色で有名です。
「住塚山」も山桜と切り立った崖による屏風岩の対比は古くから日本絵画に描かれてきた風景であり、ゆるやかで登りやすい山道をのんびり散策できます。

登山のシーズンである夏場にはちょっと険しい山道に挑戦する人が増えます。
そんなときには兵庫県の「須磨アルプス」がおすすめで、通称「馬の背」と言われるスリル満点の狭い岩道は登山の楽しさを満喫できるコースです。

他にも同じ兵庫県の「六甲山」や奈良県の「大台ケ原山」などもむき出しの岩場を渡りながら雄大な緑の景色を眺められる絶景スポットです。

秋口の紅葉が美しい時期になると滋賀県の「蛇谷ヶ峰」では峰の上から琵琶湖とそれに映る紅葉を見下ろす絶景が現れます。
兵庫県の「氷ノ山」は兵庫県内の最高峰であり、山を埋め尽くすブナ林の景色がおすすめです。

冬場になると高い山では積雪があるので立入禁止になってしまう区域が増えるのですが、雪山の景色を眺める登山道もいくつかあります。

他にも数え切れないほどおすすめスポットが関西方面にはありますので、かなり充実した登山ライフを送ることができるのではないかと思います。

レンタルもできる登山用品一式

登山をするときには必ず装備を整えておかないといけません。
ハイキング用の小さな山であっても山の天気は変わりやすく、ちょっと登山道から外れてしまっただけで遭難をしてしまうこともあります。

山に入る前に持っておきたい品物一式としては、ザック(大きめで動きやすいもの)、登山靴(スニーカーはNG)、レインウェア、ヘッドライト、コンパス、地図、水筒、腕時計、帽子、グローブ、タオル、行動食、救急セット、ビニール袋などが挙げられます。

ちょっと険しい山に入る場合にはストックを持っていくとかなり登山が楽になります。
山頂や山中で食事をするなら、携帯用の椅子やマット、小型のテントがあると休憩に便利です。

これらを自分で全て購入しようとすると数万円もの金額がかかってしまうので、もしそれほど頻繁に山に入らないなら登山用品一式レンタルサービスを利用するというのもよい方法です。