阪急交通社のキャプチャ

スペインで一人旅を楽しむポイント

スペインの見どころを満喫できる一人旅

ヨーロッパ地域は日本から非常に人気の高い旅行先です。
中でもフランスやイタリアは新婚旅行や卒業旅行の目的地として絶大な人気があり、ほとんどの観光客はそれらの国々を数日かけて回る旅を計画します。

しかしヨーロッパの国の中でもスペインは深い歴史と文化を持つ国であり、観光地として非常に高い魅力があります。

ヨーロッパ大陸の南西部に位置しているイベリア半島の大部分を占めているのがスペインで、年間を通して温暖な気候をしています。

歴史的観光名所も数多く、他のヨーロッパの地域と比較しても非常に魅力の高い国であると言えます。
日本においても「スペインバル」という気軽に楽しめる居酒屋が人気となっていますが、スペインでは明るい国民性から楽しんで飲食をすることができる施設が多くあります。

むしろ一人でヨーロッパを訪れる場合には、スペインは最適の場所ということができます。
ヨーロッパ国内をめぐる旅をする時にはぜひスペインを本格的にめぐる予定を立ててみてもらいたいです。

スペインで公用語とされているのはもちろんスペイン語ですが、これは全世界的には21カ国で公用語とされています。
スペイン以外の国としては、アルゼンチンやチリ、ウルグアイといった南米の国が多いですが、ラテン語をもとにした言語は体系が似ているため理解はそれほど難しくありません。

スペインの観光名所は大きく3つ

スペインはヨーロッパ国内でも広い国土を持つ国であるため、出かける時にはどういった目的でどこを見て回るかという目的をはっきりさせておいた方がよいでしょう。

主な観光地は「バルセロナ」「マドリード」「バスク」という三ヶ所が挙げられます。
まず「バルセロナ」は世界的に有名な観光名称である「サグラダ・ファミリア」など多くの歴史的建造物のある都市です。

特に何か目的を定めなくとも、バルセロナ市内を街歩きするだけでスペイン独特の町並みを見ることができますので初めて訪れる人に大変おすすめができます。

もう一つスペインの観光名所となっているのが国土のちょうど中央に位置している「マドリード」です。
「マドリード」はサッカーチームとしても有名な都市ですが、歴史的建造物も多い大都市であることからスペインらしい町並みを多く体験できます。

最後の「バスク地方」ですが、こちらはフランスとの国境に近い海に近い地域です。
「サン・セバスティアン」という高級リゾート地もあり、一般の観光名所とは違った場所でのリゾートを希望するセレブ向けの施設が数多く存在しています。

一般の人が気軽に入れるバルも数多くあり湾岸沿いに作られた独特の景観を楽しみつつ海の幸を利用したスペイン料理が堪能できます。