居酒屋とよの食べログキャプチャ

至高の立ち飲み&海鮮三昧「立ち飲み居酒屋 とよ」

大阪は立ち飲み店の激戦区

大阪といえば安ウマ飲食店ですが、その文化は「立ち飲み屋」から生まれたといってもよいくらいです。
今でこそ安くて気軽に飲める「立ち飲み屋」は全国的に展開するようになっていますが、もともとは大阪の下町のガード下で行われてきた独自の文化です。

もちろん現在も大阪市内には有名な立ち飲み店が営業しており、一流飲食店とは全くベクトルの違ったおいしい料理を安くボリュームたっぷりに提供してくれています。

大阪の立ち飲みで最も有名なのは天満です。
天満はJR大阪駅から東南の方角に位置しており、JR東西線もしくは市営地下鉄を使用して移動します。

特に多くのお店が集中しているのがJR天満駅と阪急千里線扇町駅の間のエリアです。
ちょうど二つの線路で挟むようになっている地域には、びっくりするほど安価に美味しく飲むことができるお店が数多く存在しています。

おすすめのお店としてはまず「こまちゃん」という天神橋筋六丁目にある立ち飲みのお店です。
「こまちゃん」は天満方面で最も有名な立ち飲み店の一つで、地元の人もかなりの頻度で利用しています。

気さくで居心地の良い接客と、何よりワンコイン500円からたっぷりボリュームで注文することができるセットは非常に魅力的です。

ワンコインセットは「こまっちんぐSET 500円」となっており、ワンドリンクと日替わり3品が注文することができます。
生ビールが1杯ついてそれでいて500円以下というのは正直他のお店ではありえない価格設定ではないかと思います。

料理の味もそうですが、とにかく雰囲気がいかにも大阪の立ち飲み屋という感じなので、まだ行ったことがない人にはぜひ一度足を運んでもらいたいです。

少し足を伸ばして京橋へ

もう一つ立ち飲み屋ということで紹介しておきたいのが京橋にある「立ち飲み居酒屋 とよ」です。
「立ち飲み居酒屋 とよ」は大阪環状線のJR京橋駅近くにあるお店で、こちらも同じく大阪らしい立ち飲みを楽しめるお店となっています。

特徴は海鮮系に非常に強いということで、名物のまぐろは刺し身盛り合わせだけでなく、炙りなど複数のメニューとして提供されています。

お店の外観はお世辞にもキレイというわけではなく、プレハブ風のオープンな店舗づくりとなっています。
そのため女性は行きづらいと感じてしまうようですが、大人気店ということもあって回転は早く特に客層を気兼ねすることはありません。

お店が開店すると同時に行列ができるという繁盛ぶりで、早めにお店に入らないとまぐろが売り切れてしまうということもあります。

「赤身」「トロ」「大トロ」と複数の種類から選ぶことができますが、どれを頼んでもハズレなくさっと飲んでさっと立ち去れるちょいのみにピッタリの場所です。