青い空の下の教会

結婚式を挙げるなら国内or海外?

挙式と言えば多くの人は国内を選びます。国内なら親戚や友達を気軽に呼べる安心感や治安の良さが保障されているからです。その一方で昔からあこがれていた映画のワンシーンや歴史的なヨーロッパの街並みなど、海外挙式を選ぶカップルも少なくありません。挙式するなら国内or海外どちらがいいのでしょうか。

最近友人の結婚式に参加したときの話

最近友人の結婚式に呼ばれて、国内の某リゾートで結婚式に参加してきました。
その際、友人代表としてのあいさつも頼まれました。
挙式から披露宴まで一貫してちゃんとしたウェディングプランナーさんがプロデュースしてくれた結婚式なだけあって、私のつたないあいさつも事前の打合せやアドバイスがあったからこそ最後までちゃんとできました(普段あまりしゃべらないから緊張した・・・)。

あとすごく感心したのはウェディングプランナーさんが指輪の交換のあの瞬間、周囲の騒音をパッとなくしてくれたことです。数分ですけど、マリンバイクの音や外の人の声などが気になっていたので驚きました。
細かなこともちゃんと調整してくれる姿勢に頼もしいなーと思いました。

国内で挙式をするとお金がかかる分、ゲストにも配慮し、細心の注意を払って結婚式をプロデュースしてくれるウェディングプランナーさんは心強いですね。

けれど、実は私、海外挙式にあこがれているんです。
特にハワイで結婚式がしたい!
5年前ハワイ旅行に行ったときハワイのチャペルの挙式を見てからあこがれています。青い空、透き通るような海、白い砂浜・・・。ハワイのロケーションで結婚式ができたら最高だろうなー、ということで国内挙式と海外挙式を比較してみました。

国内・海外の結婚式の違いを調べてみた

国内挙式と海外挙式はどうちがうのでしょうか。まだ予定はありませんが・・・。もしかしたら結婚するかもしれない私が、国内挙式と海外挙式のメリット・デメリットを調べてみました。

 ■国内挙式のメリット・デメリット

国内挙式のメリットはなんといっても式場が近いことです。そのため親族や友人などたくさんのゲストを招待しやすいメリットがあります。式場のウェディングプランナーさんとの打合せを重ね、演出やゲストのことを第一に考え、質の高い結婚式を挙げられるイメージがあります。
一方デメリットはやはりお金がたくさんかかること。
国内挙式の相場はゲスト数70~100名で280~380万円ともいわれています。そんなにかかるのでしょうか???
内訳を見ると。

挙式料 200,000円 牧師や司会などの進行費・オルガンなど奏者への費用を含む
料理・飲食料 150,000円 1人分15,000円
新郎・新婦衣装 700,000円 お色直しドレス・和装、メイク、ブーケ等も含む
会場費・ゲストのギフト 600,000円 引出物・引菓子・プチギフト・サービス料含む
撮影代 100,000円 スタジオ撮影・スナップ撮影ビデオ撮影等を含む

合計するとおおよそ3,000,000円程度になります。
それに2次会費や新婚旅行代もかかってくるんですよね。やっぱり国内挙式はゲストを多く呼べる分、手間も費用もかかるというところがデメリットといえますね。

 ■海外挙式のメリット・デメリット

海外挙式のメリットは、海外ならではの雰囲気を満喫しながら現地の食事や踊りを味わえたり、そこでしかできない体験ができること。それと、国内とは逆にゲストの参加人数が少ない分費用が安くできる傾向にあります。

海外挙式の相場は、180万円ほど。国内挙式と比較するとおおよそ半分ですね。
それに、旅費などがかかってくるので、その内訳は

旅費・宿泊費 400,000~750,000円 ハワイの場合・3泊4日・2人分・食事代等も含む
挙式費用・パーティ費用 150,000~250,000円 ゲスト数10名前後

合計すると550,000~1,000,000円。これに、ゲストの旅費をどれだけ負担するかにもよりますが、新婚旅行代もすでに入って、国内の結婚式費用の合計額の約1/3に抑えられます。

一方、デメリットとしては、出席するゲストが少なくゴージャス感や「派手婚」をイメージしている人にとっては物足りないかもしれません。また、ウェディングプランナーさんとの打合せなどにも苦労しそう。国内の結婚式のように心遣いや気配りがある対応をしてくれるかは未知数ですよね。

私は海外挙式のジミ婚派。ゲストの人数や豪華さにはこだわらないタイプなので、結婚式の写真がハワイで撮れれば十分です。安くて、いいサービスがあったので参考までにリンクを貼っておきますね。
ハワイビーチフォトウェディングのアメリカンホリデーズ

国内挙式or海外挙式を決める際は、もちろんお相手の方との話し合いが大切ですが、招待したいゲストの数を基準にしてもいいと思いました。大勢呼ぶ場合は国内、アットホームにしたい場合は海外など。海外で挙式をする際は、フォトウェディングで結婚式の写真撮影をすると後でみんなに報告するときにもいいですね。