家

引越し祝いや新築祝いのマナー

新居に関するお祝いのマナーとは

新しい家を建てたり、新しい物件を購入したりすると新築祝いをする必要があります。しかし、新しい住居のお祝いで気を付けておきたいのが、マナーです。マナーは守らないとせっかくの楽しい宴席を台無しにしてしまうこともあり、自分に恥をかかないためにも重要な知識です。まずはマナーを押さえた上で、お祝いをしましょう。

それにはまず、新築祝いか、それとも引越し祝いかを区別しなければなりません。戸建て住宅や、まだ誰も使っていない新品のマンションを購入した場合は「新築祝い」に分類されます。これとは対照に新品ではなく、中古物件を購入した場合は「引越し祝い」に分類されます。

このほか、仕事に関連した引越し(例えば転勤や昇進)にも、お祝いの名称が分けられているため、同じ引越しでも、その種類には注意が必要です。

贈り物の選び方

新築祝いや引越し祝いでは贈り物に違いはありませんので、とりわけ気にすることはありません。しかしながら、選んではいけないとされる贈り物もあります。

贈り物で気を付けるポイントとして、ロウソクやストーブなどの「火を連想させる品物」はタブー視されています。また、壁時計や掛け軸、絵画などの飾り物は、飾る際に新しい住居に穴を開けてしまうことに繋がります。新居に傷をつけてしまうことから、飾り物も控えたほうが良いとされています。

このほか、「履物」は相手を踏み台にするという意味が込められており、縁起物として相応しくありません。贈り物にスリッパ、マット、靴などの履物は避けましょう。

これとは別に、贈り物の相場はどれくらいか気にする人も多いと思います。以下にまとめましたので参考にしてください。

「身内の場合」
祖父母・両親:30,000円~50,000円
兄弟・姉妹:30,000円~50,000円
親戚:5,000円~50,000円

「身内以外の場合」
会社の上司・同僚:5,000円~10,000円
友人・知人:5,000円~10,000円

比較してみると、相手との関係性が深い人ほど贈り物の金額も高い傾向にあることがうかがえます。また、一般的には目安金額の贈り物が望ましいですが、親しい人へ贈る場合には、気持ちを込める意味で金額をプラスしても問題ありません。その場合は、贈る相手に前もって連絡をしておきましょう。

贈る際のポイント

お祝いの品に現金を贈る場合、ご祝儀袋に入れて贈るのがマナーです。新築祝いの場合、表書きを「祝儀新築」、引越し祝いの場合は、「御祝」と書き記し、のし袋は用意する金額にマッチする物を選びます。

お祝いの際は、招かれた日付よりも早めに届けるようにするのがマナーです。もし、お祝いの品に迷ってしまった場合は、カタログギフトを活用しましょう。豊富な種類とアイテム数のなかから贈る相手がほしい商品を選んでくれるため、贈り物でがっかりされることもありません。